ブランドを診る、創る、伝える、教える
Brand. Communication. Design.

アンファー様 ブランディング研修

March 31, 2018

今年、創業30周年を迎えられたアンファー様。新年度を迎えるにあたり、ブランド戦略部の方々へマーケティング・ブランディング研修を実施しました。

写真はアンファーHPより

 

社員数150名から成るファブレス企業ですが、その内30名、つまり全社員数の5分の1がブランド戦略部に所属しています。

いかにマーケティングやブランディングを重視して日々業務に取り組まれているか、その本気度を現場でヒシヒシと感じました。

 

ブランド構築で使う「3C」「STP」「4P4C」等のフレームワークについてもみなさんよくご存知な上に、実践でフレームワークを使われているので、今回はさらにそれらの「型」を体系立ててお伝えすること、広義の概念としてのマーケティング、それぞれのフレームワークの理解を深めるような形でお伝えさせていただきました。

フレームワークは「知って」いても、「使える」ようになるまでには実に多くの場数=トレーニング(反復練習)が必要です。改めて、本質的な課題解決を目指すブランディングを実施するには、それぞれのフレームワークを「深く」理解し、「体系立てて」使い、「深く」考察し、分析しなければその意味をあまりなさないことを実践するたびに思い知らされます。

 

それぞれのフレームを部分的に使っていたり、表層的な分析に留まっていたり、調査結果に甘んじてプロダクトアウト発想に陥っていたりするケースもあります。なかなか体系立てて、調査〜分析〜構築まで行うのは骨折りですが、今回の研修のように外部の視点を入れて学び直すことで、仮説の精度が高まっていく様子を目の当たりにすると講師冥利につきますね。

 

2日目の実践編においては、ブランドの階層整理を時間をかけて行い、どこを対象としたブランディングにするのか、その対象を明確にすることを丁寧に行いました。やはりしっかり階層整理をした上で、ブランディングの対象を決めることは大切ですね。ここを適当に進めてしまうと、最初からやり直すケースも多々見受けますので今回の研修ではここでもしっかり時間を割きました。

そして何と言っても「企業理念の確認」をブランド戦略部の中心メンバー10名でともに確認し、メッセージングの整理までできたことは非常に良い機会となったように思います。きっと一貫性が増して、ますます強いブランドへと進化していきそうです。

「企業理念」をしっかり確認し合えたところで、なぜブランディングに取り組むことになったのかの「背景」、なんのためにブランディングを行うかの「目的」を明確にすることも時間をかけて行いました。

 

ブランド構築をする前のこの下ならしの作業「企業理念の理解」「ブランディングに取り組む背景」「ブランディングの目的」を明確にする、しないではその後の工程に響くところ。非常に重要なステップです。

 

参加された皆さんは、すでにマーケティングやブランディングの知識を持っている方々ばかりでしたが、素直に今回の学びを受け入れ、聴いてくださり、演習にも真剣に取り組んでいただきました。笑いがたえない風通しの良い職場環境の中、マーケットインの発想を取り入れようという意気込みが素晴らしく、今後のますますの発展が楽しみな企業様です。

 

感想の一部をご紹介します。

 

「非常に楽しく学べました。」

 

「内容が本当にわかりやすかったです。」

 

「ブランド戦略について、一通りの知識を学べてよかったです。」

 

「他社事例が面白く、わかりやすかったです。」

 

「演習が多く、楽しく、かつ自分ごと化しやすくてよかったです。」

 

「短時間でPEST、3C、STP、4P4Cを明快に学べ、思い出せてよかったです。」

 

「フレームの深さを理解することや分析の角度も大切であることがわかってよかったです。」

 

「とても聞きやすく、アドバイスもいただけてうれしかったです。」

 

「実務に活かせるノウハウが学べてよかったです。」

 

「ブランディングを実施する上で考え方の整理ができてよかったです。」

 

「モデルケースがわかりやすかったので引き続きやっていただきたいです。」

 

「今までなんとなく考えていたペルソナや商品訴求だったが、しっかり順を追って考えることができるようになってよかったです。」

 

「マーケティングとは何か、ブランディングとは何か、ブランドマネージャー がやるべき仕事が何かを学ぶことができのはよかったです。」 

 

1カ月後に実際に作成していただく「ブランド・ステートメント」発表会がすでに楽しみです。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

FEATURED POSTS