ブランドを診る、創る、伝える、教える
Brand. Communication. Design.

モーアシビー第2回目 信藤三雄さん×リリーフランキーさん

April 23, 2018

三重→沖縄→東京→浜松→飛騨高山→名古屋と怒涛の移動の日々の中、感動感激でめちゃ面白かったモーアシビーの第2回目を記憶から消えないうちに、綴っておきます。

 

第2回目のゲスト講師は、リリー・フランキーさん。初日は桜坂劇場で3時間に及んだトークショー。リリーさんや信藤三雄さんへの質問をお二人が答えてくれるスタイルで終始笑いが絶えませんでした。

例えば、高校生からの真面目な質問「自分には何が向いているかわかりません。夢中になれるものはどうしたら見つけられますか?」と言った質問の答えは、「自分に何が向いてるかなんてわかんないよ。そんなの一生わからないですよ。」とアッサリ(笑)

 

「広告代理店とうまくやっていけません」という悩みについては、結局質問者の恋愛事情にまで話が及んで「あなたのその中途半端な姿勢だから、クリエイティブにキレがないんですよ!だから広告代理店とうまくやっていけないんですよ!」という面白すぎる回答(笑)

 

中でも、個人的なハイライトは「正しいことを大きな声で言うな。正しくないことこそ大きな声で言え!」でしたね(笑)

 

大人が正しいことをもっともらしく話したことで何も面白くないですもんね。面白おかしく話してますが、人間の真理をついたトーク、仕事についてはなんだかんだとかなりしっかりと取り組んでらっしゃるところがリリーさんの魅力ですね。

2日目のワークショップでは、憧れの信藤三雄さんと直接お話できたり、リリーさんとも同じテーブルでお話しできたりと一生の想い出ができました。

信藤さんが7月から世田谷で個展を開催されるようですが、その時のタイトルデザインを見せていただき、それがまためちゃくちゃかっこよくてシビれました(涙)
タイトルを決めて、カタカナにするか英語にするか、一週間ほど悩んで行き着いたタイポグラフィーはもう本当に素晴らしくオシャレで心が揺さぶられまくりました。心を揺さぶられるって素晴らしいですね。私もどんな形でもいいので、人の心を揺さぶる仕事をクリエイトしたいもんです。
 

リリーさんの生歌も内田勘太郎さんのギターに合わせて聴くことができたのですが、リリーさんのあの低音の声でゆるーいトークを聴いた後に、びっくりするくらいの力強い歌声がこれまた鳥肌モノでした。やはり第一線で活躍されている俳優さんなんだなぁとその底力を垣間見て、これまたシビれました。ギャップが素敵すぎる。。。

そして、沖縄では5年以上ぶり?の驚きの再会と新しい素敵な出会いも♡ 来月も再会を約束しました!来月からの沖縄がますます楽しみです。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

FEATURED POSTS