ブランドを診る、創る、伝える、教える
Brand. Communication. Design.

人生100年時代に必要なパーソナルブランディング

September 18, 2018

つい先日東京で

パーソナルブランディング講座を

開催したのですが

 

「人生100年時代だからこそ

パーソナルブランドが必要なのだな」

 

とヒシヒシと実感したのです。

 

参加者の方の職業は

 

映像ディレクター

ブランドコンサルタント

音楽プロデューサー

コピーライター

舞踏家

虎河豚養殖会社経営者

 

年齢は

30代〜60代

 

実にバラエティ豊かな面々。

 

特に印象的だったのは

60代の方が

人生100年時代を見据えて

これまでの自分の人生を振り返って

パーソナルブランドを強めたい

とのことで参加されていたこと。

そんなバラエティ豊かなメンバーで

初対面にも関わらず

みなさんしっかりと

自己開示をしながら

講座が進んでいきました。

強いパーソナルブランドを作るには

できうる限り

 

自分を開示し 

自分を認め

自分を許し

自分を受け入れ

自分を切り離して視る

 

そこから

 

自分らしさが見えて

自分らしい働き方が

見つかっていくのです。

 

 

お互いがこれまで歩んできた

人生の山や谷

上り坂も下り坂も共有するので

 

まるでそれぞれの人生を

共有しているような

濃厚な時間を

共にさせていただきました。

 

特に人生の谷の時間を

どう乗り越えてきたかには

 

それぞれのドラマがあり

そこには支えてくれた

大切な誰かの存在が

必ずあるのです。

 

そんな風に

じっくりと自分を掘り下げ

自分が大切にしている価値観を整理し

自分の核となるものを明文化し

 

さらにどう魅せて発信していくのか

そのためにすぐに取り組むことを

宣言して講座は終了。

 

参加された方が一様に

 

「これはみんなやった方がいい。

閉塞している日本が元気になる。」

 

「今までの点と点が繋がった」

 

「今までの辛い時期が

無駄じゃなかったことがわかった。」

 

などなど、

目をキラキラさせておっしゃっていたのが

とてもうれしかったです。

 

講座満足度:10点満点中、9. 86点

 

1名の方が「もう10点あげても良いかも!」

のコメント付きで9点。

じゃあ10点ちょうだいよ、

と思いましたが(笑)

さすがコピーライター。

シャレが効いてますね。

 

こんなにニーズを感じると

これからもちょくちょく

開催したいな、と思いました。

 

 

<受講者様の声>

 

「自分が周囲に与えている印象が

予想外だったので気づきになりました。

 

これまでの人生が無駄ではなかったと

感じられたことがよかったです。

自分の見せ方を変えていこうと思っています。」

 

 

「自分では気づけない部分が

知れたことがよかった。

すごく気持ちが上がりました。

 

先生の癒しキャラで

素晴らしくわかりやすい説明が

すんなり頭に入ってきました。」

 

 

「自分自身のことを深く知りたかったのと

棚卸ししたかったのがきっかけで

参加しました。

 

ここまで自分のことを

考えることがなかったので

良い機会でした。

 

初対面の方に客観的に

私のイメージを聞けて

別の自分を知ることができました。

 

同業者(ライバル)に会った時に

パーソナルの部分で強い印象を

残していけるのではないかと

思っています。

 

人見知りなので

初対面の方とのワークなど苦手でしたが

先生の雰囲気、講座全体の雰囲気で

苦手感が減りました。」

 

 

「企業ブランディングと

個人ブランディングの違いについて

知りたかったのが参加の理由です。
 

自分自身について考え

他の人と話し

プレゼンテーションする機会は

なかなかないので

インスパイアされました。

 

1泊2日でじっくり取り組むのも

ありかなと思いました。

 

今日の内容をベースに自らの

タグラインを作りたいと思いました。」

 

 

「参加者のみなさまからの

フィードバックは

本当に勉強になります。

 

ライフラインチャートからも

自らの特徴を見つけることが

できたのはよかったです。

 

まさに自社Webサイトを

考えていましたので

諸々の整理に役立つと思います。」

 

 

「パーソナルブランディング に

取り組みたいと思っていたので

この講座のために諸々を

どうやりくりするか計画しました。

 

自身のヒストリーを書いてみて

思いがけない感触を発見すると共に

 

フィードバックをしていただくことで

自分では当たり前すぎて盲点だったところ

ハッとすることに出会いました。

驚く発見がありました。

 

顧客の掘り下げが目下課題です!

 

自分ができるところから

始まってしまうところを

今一度、誰に届けるのか、

 

この観点で取り組み直して

ビジネスにしていくことに

活用したいと思います。

 

先生のムードで安らかに

取り組むことができ感謝です。」